お子様の歯を守りたい

お子様の歯を守るために

乳歯は永久歯に比べて歯の表面のエナメル質が薄く、抵抗力が低いことをご存知ですか?
虫歯菌の出す酸に弱く、虫歯になりやすいのです。

そして、乳歯の虫歯は後から生えてくる永久歯にも影響を及ぼします。そのため、将来にわたって健康な歯を維持するためにも、「いずれ生え替わるから」とお子様の虫歯を軽視せず、少しでも気になることがありましたら、お早めにご来院ください。

当院の小児歯科の特徴

お子様に歯医者さんへの抵抗なしに通っていただけるよう、楽しくて、かわいい雰囲気を大切にしています。当院の外壁をはじめ、診療室の壁紙を明るい雰囲気にしているのもそのためです。また、待ち時間も退屈しないように、広いキッズルームを設置しています。

そして、お子様の不安を少しでも減らすような治療を心掛け、泣いたりすることなく、笑顔で帰っていただけるように努めています。
治療時には親御さんが同席することもできますので、ご安心ください。さらに、治療後にはご褒美のおもちゃもご用意しています。

小児歯科のメニュー

ブラッシング指導

虫歯予防の基本は毎日のブラッシングです。お子様の歯の生え方や発育段階に合わせて、歯ブラシの選び方からブラッシングの仕方まで丁寧に指導します。親御さんには仕上げ磨きのコツをお教えしますので、毎日のケアに活かしてください。

シーラント

奥歯は、複雑な形状の溝があり、ブラッシングでは汚れを落としにくいため、虫歯になりやすい歯です。
この溝にあらかじめレジン(歯科用プラスチック)を詰め、虫歯を予防する処置を「シーラント」といいます。乳歯にも生えたての永久歯にも有効な処置です。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗る処置です。
フッ素には、歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があるため、虫歯を予防するだけでなく、ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布による治癒が期待できます。定期的に行うとより効果的です。

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、通常の本数以上に生えてくる歯のことです。
ごくまれに見られるこの過剰歯は、虫歯になりやすかったり周囲の歯並びを乱したりすることが多いので、ほとんどのケースで抜歯することになります。不自然な部分に生えている歯がありましたら、一度ご相談ください。

矯正

矯正医と相談して、一人ひとりのお子様に合った治療計画を立てて歯並びの調整を進めていきます。

・床矯正

顎の発達が十分でないと、永久歯の生えるスペースが足りなくなり、歯並びが乱れてしまうことがあります。そこで、顎が適切な大きさになるようゆっくり広げていく治療が床矯正です。乳歯・永久歯の混合歯列期に行います。

・ムーシールド

乳歯期の受け口を治すための矯正治療です。
専用のマウスピースを就寝時など毎日一定時間装着し、症状を改善させていきます。

>> 小児矯正について詳しくはこちら

唾液テスト

唾液の性質を詳しく調べる検査を行い、虫歯に対する抵抗力や虫歯菌の数を把握します。
この検査では、唾液の量、その中和力、そして虫歯菌の種類と数を調べます。
この結果により、一人ひとりに合った予防処置のプランを組み立てていきます。

 

歯並びが気になる親御さんへ

痛くない治療のために痛くない治療のために
  • 歯がしみる・痛い
  • ひどい虫歯になってしまっ
  • 歯ぐきから血が出る
  • 銀歯が気になる
  • 虫歯にならないために
  • 歯の黄ばみが気になる
  • 歯並びが気になる
  • 歯を失ってしまった
  • お子様の歯を守りたい
  • マタニティ歯科
  • お子様の歯並びが気になる